解体工事業の許可

平成28年6月から解体工事業の許可申請が始まります。

平成31年6月までは、現在のとび・土工工事業の許可でも解体工事を請け負うことができます。

≪技術者資格について≫

平成31年6月までは、とび・土工工事業の技術者資格で解体工事の施工が可能。経過措置として、平成33年3月まではとび・土工工事業の技術者(既存の者に限る)で解体工事の許可が認められる。

≪新たな解体工事における監理技術者の資格等≫

  • 1級土木施工管理技士
  • 1級建築施工管理技士
  • 技術士
  • 主任技術者として要件を満たす者のうち、元請として4,500万円以上の工事に関して、2年以上の指導監督的な実務経験を有する者

≪新たな解体工事における主任技術者の資格等≫

上記監理技術者の資格に加え

  • 2級土木施工管理技士(土木)
  • 2級建築施工管理技士(建築・躯体)
  • とび技能士(1級・2級)
  • 建設リサイクル法の登録試験である解体工事施工技士
  • 大卒(指定学科)3年以上、高卒(指定学科)5年以上、その他10年以上の実務経験